--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜別

2009年12月19日 12:58

どうも、お久しぶりです臣です。
急に寒くなってきました。朝は氷で足を滑らせながらの登校です。

11月の模試が返ってきました。

国語 68/100
数学 71/100
英語 43/100
地理 57/100
物理 49/100
化学 63/100

偏差値 67.0

英語と物理が足を引っ張ったみたいです。ちょっと反省。

入試まであと1年と少し。
今回の志望校の判定はCでした。

最低でも偏差値72は欲しいんです。

ですので、ちょっと寂しいんですが

ブログの更新を止めたいと思います。
もともと忙しくてなかなか更新する暇もありませんでした。

皆さんの温かいコメント、とても嬉しかったです。
本当に感謝しています。

リンクははがしてもらって構いません。

皆さんの受験もうまくいきますように。
今まで本当にありがとうございました。


スポンサーサイト

紹介

2009年12月05日 14:48

sizen (2)-e


来年度入学してくる後輩への部活動紹介の絵です。
現在の後輩に文句言われながら描きました(;´Д`)

男の子の名前は「カ・ガク君(留学生)」
女の子の名前は「リカさん」 だそうです(後輩命名)

結構細部まで(イモリとか)気を使ったんですが、
よくよく考えたら
かなり縮小されて掲載されるので意味がないという…。・゚・(ノ∀`)・゚・。
悔しいのでこっちに載せました。

あ、皆さんはくれぐれも実験器具でジャグリングしたり
イモリを素手で触ったりしないようにしてくださいね(≧∀≦)ノ

恣意

2009年12月04日 20:53

かなりサボってましたすみません(;´Д`)

修学旅行で京都と奈良に行ってきました。ハプニングなどもなく平和な旅行でしたよ…

帰ってきてからテストが返されて一気に現実に引き戻されましたけどね…

国語がかなり悪かったです、結構落ち込みました(´・ω・`)

数学のクラスの平均点が81点だったとか。相変わらず大変な数字を叩き出す学級です…

来週にはおそらく模試が返却されると思うので、そっちを期待したいと思います。


今日は学校で出前授業なるものがありまして、地元の有名大学の教授の講義を受けてきました。

数学で、無限についての証明その他もろもろ。

自分として一番感動したのは、「素数が無限にあるということの証明」でした。かなりスッキリします。機会があればやってみてください。
二番目はフラクタルでした。これもかなりおもしろかったです。


あっと言う間に師走になってしまいましたねぇ…
年末はゆっくり過ごしたい臣でした。そうもいかないけど(ノ∀`)

中間

2009年11月15日 10:44

無事に、かどうかはわかりませんが研究発表会を終えることができました(゚∀゚)

なんだか大ホールみたいな(客席が250くらいある)場所で、
大学教授とその他大勢にかこまれて発表してきました(;´Д`)

臣は緊張するとなぜか饒舌になります
台本にないアドリブとか結構入れたため発表時間をオーバー( ゚д゚)

『…であるからして、…になるわけです』 ←マイク拡声

教授『それは…じゃないんですか?』

『いえそうではなく…なんですよ』

教授『ほほう…

では発表会が終わったら後で私のところに来てください( ´∀`)』


『…えっ!? ΣΣ(゚д゚lll)』

聴衆「「「「wwwwww」」」」

というなりゆきで個人講義を受ける羽目になりました(ノ∀`)
まぁおもしろかったけど


さて、研究発表会が終わったと思ったら火曜日から考査です( ゚д゚)

修学旅行があるのでちょっと早めなんですね、ふざけんな(゚∀゚)

今回ヤバい教科は数学と化学……あれ、いつものメンバーですね。
数学は二種類あるんですが、片方は得意で片方は超苦手という罠。
微分積分は得意なんですが…
順列? 組み合わせ? そんな昔のこと覚えてないよっ((((;゚Д゚)))

化学は無機なので完全暗記…(暗記なんか嫌いです

前回失敗した(教科書失くして勉強できなかった)地理は今回取り返すつもりです。
でも授業中寝てるからプリント空欄ばっかr(;´Д`)あらら

赤点とって修学旅行行かないように頑張ります。

…考査明後日からなのにブログ更新してる時点で終わってるけどね\(゚∀゚)/

研究

2009年11月07日 19:00

部活の研究発表会が5日後にせまりました。

現在部活はインフルエンザの蔓延により活動停止中です。

やばい。冗談抜きでやばい。




というわけで、今回は臣がやっている研究
「硫酸カリウムアルミニウム十二水和物の再結晶について」

平たく言えば「ミョウバンの結晶について」紹介したいと思います。


まぁ、基本は「ミョウバンを溶かして冷やす」だけなんですが
これが案外難しい。
溶液の温度はもちろん、再結晶させる時間、振動、不純物、濃度の条件が絶妙に組み合わさらないと美しい結晶はできないのです。

失敗するとこんな結晶ができます。
RIMG1103-e.jpg
RIMG1104-e.jpg

小学生の自由研究なんかはこの時点で終結することが多いのですが、
そういうわけにもいきません。

どうにかしてより純度の高い結晶を作るかが問題です。
思考錯誤を繰り返すこと半年。

RIMG1105-e.jpg

現在はこれが最高傑作です。
大きさは3cmほど。

しかしこれをつくったのと同じ条件でもう一度実験をしても、失敗します。
原因は不明。
うーん、奥が深いなミョウバンよ。

てかどうするんだ、どうなるんだ、研究発表会。
まだ原稿もできあがってないのに。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。